転職と引っ越し単身

意志が弱かったせいで、私は2度も転職を躊躇してしまいました。転職先に不満があったわけではなく、古巣で起こった数々の出来事に心を動かされたことが原因です。
最初の転職活動では、難なく内定を勝ち取ることができました。転職先からは、2か月後までに退職の手続きを済ませるように言われました。その旨を当時の上司に伝えると、即日から営業ノルマをゼロに近くすると告げられました。私が自分の営業成績に悩んでいたことは事実だったので、上司の決断に気をよくした私は転職を諦めてしまいました。
2度目の転職先は、同業他社でした。例によって上司に転職することを告げると、今度は営業ノウハウの流出に該当するので認められないと言われました。実際には、そのような契約は結んでいませんでした。しかし、転職後に嫌がらせを受けるのではないかと思ったので、またも転職しないことを決めました。
最終的には私を2度も引き止めた上司が定年退職をしたので、それを期に本格的に転職活動を始めて新天地で頑張ることになりました。
やっとできた転職では、引越しも経験しました。引っ越し単身パックはリーズナブルで助かりました。