住宅ローンゼロ金利政策は短期的なメリット

ゼロ金利政策って知ってますか?

短期金利を限りなくゼロに近い水準まで引き下げる金利政策で、当然そこにはメリットが存在しています。

ただ、これはある機関を救うための超短期の金利政策であり、住宅ローンにおいて、長期的にメリットがあるかと言われれば疑問です。

要は、資金繰りに困っている金融機関が、他金融機関から融資を受けやすくすることで、倒産を防ぐ機能をメインとした政策。

住宅ローンは基本的には中長期的なスパンで考えなくてはいけませんので、ゼロ金利に飛びついてローンを組むのは早計です。

住宅ローンは今後何十年も支払っていくお金ですので、資金計画をきちんと行うことが大切になってきます。

では、どのくらいのお金を借りられるのか。簡単に言えば、毎月返済できる金額が借りられる金額です。

毎月の返済額を念頭に、何十年返していくのかを計算し、トータルの金額を出せば、自ずと買える物件が見えてきます。

大切なのは、買える物件を見て回ることです。

予算を上回ればそちらの方が良い家に思えるのは当たり前で、見れば見るほどそちらが欲しくなってしまいます。

そして、無理な住宅ローンを組んで、のちのち返済に困るといった事態に陥ってしまうのです。

あくまでも、長期的なスパンでどのように返済していくのかを見定める必要があります。